ダック

昭和32年創業。先代の社長、清水富美子は飛行機乗りであった夫、千波氏が家を留守にする事が多く、その時間を使って何か出来ないかと考え、女学校時代やドイツ人の先生から洋裁を習った経験を活かして、今の自由が丘デパートにてダックを始めることになりました。店名のダックの由来は、その当時ダック芯という素材があったことや、アヒルが好き、ダークダックスが好きだったことから店名をダックにしたと聞いております。ボタンに対するこだわりは強く、ご来店下さったお客様がボタンに合わせる生地や洋服を持って来ないと返してしまうというかなり個性的な女性でありました。お店ではボタンホールのミシンを踏み、家ではボタンの染めや洋服を縫っていました。96歳で他界する2ヶ月前までお店に立ち 仕事をしていました。戦争を生き抜き、物のない時代から人生の約半分をダックと共に過ごしてきたのでした。先代の社長の想いを集め、2016年4月に 59年間という想い出詰まった自由が丘デパートから新店舗自由が丘テラスへと移転致しました。約2000種類のボタンと洋裁材料、手作りの作品と共に変わらず営業しております。